Webプログラミングが導く知識と発見

今日はグルメではなくちょっとプログラミングのお話。少しでもプログラミングがわかると便利なだと思ったので。

私がプログラミングを初めて学んだのは学生時代のころです。そのころは今のように、プログラミングを楽しく学べるサイト(スクラッチなど)はなく、プログラミングを勉強したい人は専門学校に行くか、難しい本を読むしかありませんでした。

私は通っていた大学で選択した授業のひとつとして、プログラミングの基礎の基礎の講座を受けたのですが、全然わからなかったです。自分にはこういうことは向いていないと思って、このときは諦めました。


それから時代が変わり、今はプログラミングを学ぼうと思えば気軽に学べる環境がたくさんあります(上に書いたスクラッチなど)。プログラミングそのものが昔よりも簡単にできるようになっているし、これからももっと簡単になっていくと思います。子供向けのプログラミングの本がたくさん出ていますし、それをプログラミング初心者の大人が読んでもいいわけです。


プログラミングがどうしても身近に考えられないという人におすすめなのは、エクセルのマクロを勉強することです。仕事でエクセルを使うときに、マクロを知っていると作業がとても楽になり、時間が大幅に節約できます。マクロの知識はパソコンのスキルとしてアピールできると思います。

ゲームやサイトを作ることに興味が持てず、プログラミングを学ぶきっかけがつかめない人はぜひエクセルのマクロを勉強してみてください。エクセルのマクロを学ぶことで、他のジャンルのプログラミングにも取り組みやすくなると思います。


マクロを勉強するときは、最初から厚いテキストを入手するより、薄い500円くらいのムックで基本的なことを身につけて、エクセルマクロでどういうことができるのか体験してみてください。テキストどおりに正確に入力すれば画面がガラッと変わります。このようなしくみを自分で作れるのがプログラミングなのです。

ゲームが好きな人は、ごくシンプルなゲームを自分で作ってみるところから始めてみるといいのではと思います。独学では難しいなーなんて悩んでいるのであればプログラミング教室から初めて見るのも一つの手ではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください