少年野球の最後の試合を見に行ってきました。

生まれた頃から知っている友人の子供が6年生になり、少年野球の最後の試合になるということで見に行ってきました。

小さい頃は、自分たちがやっている草野球を見に来ていて、いつもグラウンドの外で遊んでいた子供が、今は立派に少年野球のチームキャプテンになってやっている、なんだかすごく年月が流れているななんて思いながら見ていました。

最後の試合ということもあって親御さんも大勢しらしていて、自分たちの少年野球をやっていた時代とは少し違うなという思いもありました。

試合は、均衡して5回までお互い無失点のまま、6回表でこちらのチームが相手エースピッチャーのエラーを誘い、1点先制。そのあと、動揺したようでタイムリーヒットを打ち追加点を取ることができました。

その裏に相手の攻撃を抑えれれば勝てるかなという思いがしていましたが、ものの見事に6回裏の攻撃を三人で抑えて、勝利に導きました。

私が想像していた小さい頃のあの友人の息子なら打たれてしまうのかななんて思ったのですが、やってくれました(笑)

そのまま勝ってくれてなんだか嬉しかったです。

少しだけ真面目にやっていた子供のころを思い出してよかったです。

こうやって自分もひたむきにやっていたななんて思いながら観戦をしていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です